研究発表・投稿論文

HOME > 事業内容 > 投稿論文

投稿論文

各項目をクリックすると、該当個所に移動します。

医薬・薬効薬理

<2011>

■レボフロキサシン点眼液0.5%の実験的緑膿菌角膜感染モデルに対する治療効果
・医学と薬学66(6), 971-977,(2011)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2010>

■実験的変形性膝関節症に対する高分子ヒアルロン酸(平均分子量270万HA)スベニールと架橋型ヒアルロン酸(Hylan G-F 20)SYNVISCの作用比較
・関節外科 29 (12), 112-124, (2010)

Healing Effects of Oral Administration of L-citrulline or L-ornithine in a Rat Pressure-ulcer Model
・薬理と治療 38 (9), 807-816, (2010)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2008>

■タモギタケのエタノール抽出物のアトピー性皮膚炎モデルマウスを用いた保湿作用及びアトピー様症状に対する作用の検討
・日本栄養食糧学会誌 61 (1), 21-26, (2008)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2006>

Preventive effects of oral combination therapy of Vitamins B2/B6/C and L-cysteine on the deveropment of dry skin in a guinea pig irritation model.
・Jurnal of Dermatological Science 41,146-149, (2006)

Two fucoidans in the holdfast of cultivated Laminaria japonica.
・J. Nat Med 60, 236-239, (2006)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2005>

■MRX-201のラット熱傷及び褥瘡モデルを用いた創傷治癒効果の検討
・薬理と臨床 15 (3),255-262, (2005)

■室温保存可能な新規高分子ヒアルロン酸ナトリウム製剤の生物学的同等性試験
・薬理と治療 33 (4),303-311, (2005)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2004>

■紅麹エキスとアデノシンの高血圧自然発症ラットにおける血圧低下作用
・応用薬理 66 (3/4), 151-155, (2004)

■老化促進マウス(SAMP8)の学習・記憶障害に及ぼすN-アセチルグルコサミンの経口摂取の影響
・新薬と臨床 53 (3), 293-297, (2004)

■実験動物におけるエゾウコギ根抽出物の機能性
・日本栄養・食糧学会誌 57 (6), 257-263, (2004)

■d-α-Tocopherolの末梢循環改善作用の解析:ウサギ耳介血管の冷却による血流量減少およびAcetylcholine血管弛緩反応減弱に対するd-α-Tocopherolの末梢循環改善作用
・応用薬理 66 (5/6),259-269, (2004)

A Synthetic Retinoid Am80 (tamibarotene) Rescues the Memory Deficit Caused by Scopolamine in a Passive Avoidance Paradigm.
・Biological & Pharmaceutical Bulletin 27 (11), 1887-1889,(2004)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2002>

■Compound 48/80によるマウスの掻破行動に及ぼす塩酸フェキソフェナジンの影響
・Progress in Medicine 22 (3), 2413-2416, (2002)

■NC/Ngaマウスのアトピー皮膚炎に伴う掻破行動に及ぼす塩酸フェキソフェナジンの影響
・Progress in Medicine 22 (3), 2161-2171,(2002)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2001>

■ガデックス軟膏0.9%の創傷治癒促進作用
・薬理と治療 29 (11),827-837, (2001)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<1998>

■DAラットを用いたコラーゲン関節炎モデルに対するhyaluronanの作用について
-病理組織学的および免疫組織学的検討-
・Journal of Joint Surgery 17 (2),247-257, (1998)

ページの先頭へ

食品・機能性

<2012>

■乳脂肪球膜の摂取によるHos:HR-1(HR-1)マウスとヒトにおけるTEWL改善効果ならびにマウスでの遺伝子発現解析
・日本栄養・食糧学会誌 65 (3), 105-111, (2012)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2011>

■カキ抽出エキスパウダーの安全性および機能性に関する報告
・Trace Nutrients Research 28, 40-44, (2011)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2004>

■実験動物におけるエゾウコギ根抽出物の機能性
・日本栄養・食糧学会誌 57 (6), 257-263, (2004)

■老化促進マウス (SAMP8)の学習・記憶障害に及ぼすN-アセチルグルコサミンの経口摂取の影響
・新薬と臨床 53 (3), 293-297, (2004)

■紅麹エキスとアデノシンの高血圧自然発症ラットにおける血圧低下作用
・応用薬理 66 (3/4), 151-155, (2004)

ページの先頭へ

食品・臨床

<2017>

■複合成分配合サプリメント摂取が肥満に及ぼす作用についての検討
-無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較臨床試験-
・薬理と治療 45(6),957-966,(2017)

■Effect of a Combination of Hot Water Extract of Curcuma longa and Crucumin on Serum Liver Enzymes, Inflammatory Markers, and Emotional States in Healthy Participants with Moderately High Body Mass Index
- A Randomized, Double-blind, Pracebo-controlled Clinical Trial -
・薬理と治療45(2),243-252,(2017)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2016>

■Safety Evaluation of Alpha Linolenic Acid-enriched Diacylglycerol Consumption at Five Times the Effective Dose Against Visceral Obesity in Healthy Subjects
- A Randomized, Double-blind Controlled, Parallel-droup Designed Trial -
・薬理と治療44(12),1763-1770,(2016)

■夜型生活者におけるアスパラガス抽出物含有加工食品(ONR-8)の睡眠状況に及ぼす影響の探索的検討
-無作為化二重盲検プラセボ対照クロスオーバー比較試験-
・薬理と治療 44(6),887-893,(2016)

■肥満者における茶カテキン含有粉末飲料の継続摂取による体脂肪低減効果及び安全性の検討
-無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-
・薬理と治療 44(7),1013-1023,(2016)

■エゾウコギ食品のヒトにおける疲労改善効果
・機能性表示食品と薬理栄養 9(5),329-336,(2016)

Fecal lipid excretion after consumption of a black tea polyphenol containing beverage.
・Biological and Pharmaceutical Bulletin(doi:10.1248/bpb.b15-00662),2016 Feb 18.

Oral intake of a combination of glucosyl hesperidin and caffeine elicits an anti-obesity effect in healthy, moderately obese subjects: a randomized double-blind placebo-controlled trial.
・Nutrition Journal(doi: 10.1186/s12937-016-0123-7), 15:6, (2016)

■水酸化マグネシウムおよびグロビン蛋白分解物配合食品のⅠ度高血圧者に対する8週間摂取による降圧効果
-プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験-
・薬理と治療 44 (1),101-111,(2016)

Green tea beverages enriched with catechins with a galloyl moiety reduce body fat in moderately obese adults: a randomized double-blind placebo-controlled trial
・Food & Function (7),498-507,(2016)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2015>

Lactobacillus gasseri SBT2055 suppresses fatty acid release through enlargement of fat emulsion size in vitro and promotes fecal fat excretion in healthy Japanese subjects
・Lipids in Health and Disease(doi:10.1186/s12944-015-0019-0), 14:20, (2015)

Preclinical and clinical effects of Coles forskohlii, Salacia reticulata and Sesamum indicum modifying pancreatic lipase inhibition in vitro and reducing total body fat
・Journal of Functional Foods (15), 44-51, (2015)

■アスパラガス擬葉摂取による睡眠改善効果
・日本食品科学工学会誌 62(3), 147-155, (2015)

Daily intake of rosehip extract decreases abdominal visceral fat in preobese subjects: a randomized, double-blind, placebo-controlled clinical trial
・Diabetes, Metabolic Syndrome and Obesity: Targets and Therapy 2015, 8:147-156

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2014>

■エゾウコギ食品の睡眠改善効果
・機能性食品と薬理栄養 8 (4),309-316, (2014)

■新規甘味料が健常者および糖尿病境界域者の食後血糖に及ぼす影響
・薬理と治療 42 (10),801-809, (2014)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2013>

■エゾウコギ根粉末配合食品の膝関節痛軽減効果
・機能性食品と薬理栄養 No.7 VOL.5, 429-435, (2013)

■ガレート型カテキン配合飲料の摂取による便中脂質排泄効果
・薬理と治療 41 (9), 919-927, (2013)

■冷え症に対するコンドロイチン硫酸エステルナトリウム配合液剤(コンドロハイⓇ900E)服用の効果
・薬理と治療 41 (8), 765-772, (2013)

■Bacillus subtilis C-3102株を含有するタブレットの健常人に対する過剰摂取時の安全性
・薬理と治療 41 (7), 689-696, (2013)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2012>

■ケルセチン配糖体(酵素処理イソクエルシトリン)配合飲料の継続摂取による肥満者の体脂肪低減効果
・薬理と治療 40 (10), 901-914, (2012)

■乳脂肪球膜の摂取によるHos:HR-1(HR-1)マウスとヒトにおけるTEWL改善効果ならびにマウスでの遺伝子発現解析
・日本栄養・食糧学会誌 65 (3), 105-111, (2012)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2011>

■マンノオリゴ糖を配合した炭酸飲料の摂取による体脂肪低減作用の検証
・医学と薬学 別冊Vol65 No.4 2011 , 553-561, (2011)

■マンノオリゴ糖配合炭酸飲料の摂取が排便状態および腸内細菌叢に及ぼす影響
・医学と薬学 別冊Vol65 No.5 2011 , 673-680, (2011)

Effect of an excess intake of casein hydrolysate containing Val-Pro-Pro and Ile-Pro-Pro in subjects with normal blood pressure, high-normal blood pressure, or mild hypertension.
・Biosci. Biotechnol. Biochem. 75 (3), 427-33, (2011)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2010>

■難消化デキストリン配合炭酸飲料の長期摂取時および過剰摂取時の安全性の検討
・薬理と治療 38 (7), 627-635, (2010)

■難消化デキストリン配合炭酸飲料の食後血糖値上昇に及ぼす影響-二重盲検ランダム化クロスオーバー試験-
・薬理と治療 38 (7), 621-626, (2010)

Study on the postprandial blood glucose suppression effect of D-psicose in borderline diabetes and the safety of long-term ingestion by normal human subjects.
・Biosci. Biotechnol. Biochem. 74 (3), 510-519, (2010)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2009>

■小麦タンパク加水分解物(FP-18)の抗高血圧作用
・日本臨床栄養学会雑誌 30 (2), 258-266, (2009)

■難消化デキストリン配合飲料の食後中性脂肪値上昇抑制効果および長期摂取,過剰摂取における安全性の検討
・薬理と治療 37 (10), 857-866, (2009)

■アスタキサンチン・クロセチン配合錠剤の健常成人における過剰摂取安全性試験
・健康・栄養食品研究 12 (1), 1-12, (2009)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2008>

■ビタミンK(メナキノン-4)添加カルシウム錠菓の過剰摂取による安全性の検証
・薬理と治療 36 (12), 1189-1194, (2008)

■難消化デキストリン配合コーヒーの食後血糖値上昇抑制効果および長期摂取,過剰摂取における安全性の検討
・薬理と治療 36 (10), 941-950, (2008)

■肥満傾向および肥満者に対するエンジュポリフェノール(酵素処理イソクエルシトリン)配合飲料の体脂肪低減作用および安全性の検証
・薬理と治療 36 (10), 909-930, (2008)

■大豆発酵調味液(大豆ペプチド含有)配合減塩しょうゆの正常高値血圧社および軽症高血圧者に対する有効性と安全性
・薬理と治療 36 (9), 837-850, (2008)

■難消化デキストリン配合紅茶飲料の食後血糖値上昇抑制効果および長期摂取,過剰摂取における安全性の検討
・薬理と治療 36 (7), 613-622, (2008)

■マンノオリゴ糖配合ミルク入り液体コーヒーの摂取が体脂肪低減に及ぼす影響
・薬理と治療 36 (6), 541-548, (2008)

■難消化デキストリン配合茶飲料の脂質摂取後の血清中性脂肪上昇抑制効果
・薬理と治療 36 (5), 445-451, (2008)

■特定保健等食品「黒烏龍茶OTPP」の継続摂取による内臓脂肪低減効果の検討
・薬理と治療 36 (4), 347-357, (2008)

■コラーゲンペプチド含有食品摂取による毛髪への影響に関する検討-二重盲検群間比較試験-
・Aestheric Dermatology 18, 311-320, (2008)

Nutrugenomic Studies of Effects of Chlorella on Subjects with High-Risk Factors for Lifestyle-Related Disease
・JOURNAL OF MEDICINAL FOOD 11(3), 395-404, (2008)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2007>

■Mono-glucosyl hesperidinを含有する塩分を低減したしょうゆ様調味料の正常高血圧者および軽症高血圧者に対する効果
・Prog. Med 27 , 2639-2647, (2007)

■Safety of high dose supplementation of Coenzyme Q10 in healthy human adult.
・日本食品化学会雑誌 14 (2), 76-81, (2007)

■難消化性デキストリン配合茶飲料(グルコカット)の食後血糖値上昇抑制効果および長期摂取による安全性の検討
・臨床栄養 111 (3), 363-370, (2007)

■マンノオリゴ糖を配合したインスタントコーヒー摂取による体脂肪低減作用
・薬理と治療 35 (6), 673-679, (2007)

■特定保健用食品「黒烏龍茶OTPP」の継続摂取による内臓脂肪低減効果とその安全性
・薬理と治療 35 (6), 661-671, (2007)

Comparison of uptake between PureSorb-Q40 and regular hydrophobic coenzyme Q10 in rats and humans after single oral intake.
・Journal of Nutritional Science and Vitaminology 53, 187-190, (2007)

Safety assessment of PureSorb-Q40 in healthy subjects and serum coenzyme Q10 level in excessive dosing.
・Journal of Nutritional Science and Vitaminology 53, 198-206, (2007)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2006>

■マンノオリゴ糖配合コーヒー飲料摂取による体脂肪低減作用
・医学と薬学 55 (1),93-103,(2006)

Effect of coffee drink containing Monnooligosaccarides on Total Amount of Excreted Fat in Healthy adults
・Journal of Health science 52(4), 482-485, (2006)

■食酢飲料摂取による血清総コレステロール高値者に及ぼす影響-第2報 食酢飲料の血清総コレステロール改善効果と摂取季節の関係-
・健康・栄養食品研究 9(2), 9-23, (2006)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2005>

■健常成人に対するコーヒー豆マンノオリゴ糖配合液体コーヒーの過剰摂取時における安全性の評価
・医学と薬学 54 (4), 511-517, (2005)

■アスタキサンチンの調節機能及び疲れ目に及ぼす影響-健常成人を対象とした効果確認試験-
・臨床医薬 21 (6),637-650,(2005)

■アスタキサンチンの調節機能および疲れ目に及ぼす影響-健康成人を対象とした摂取用量設定試験
・臨床医薬 21(5), 543-556, (2005)

■アスタキサンチンの血液流動性に与える影響
・臨床医薬 21 (4), 421-429, (2005)

■アスタキサンチン含有ソフトカプセル食品の健常成人に対する長期摂取における安全性の検討
・健康・栄養食品研究 8 (1), 1-11, (2005)

■コーヒー豆マンノオリゴ糖を含むコーヒー飲料の長期摂取がヒト体脂肪に及ぼす影響
・日本食品工学会誌 6 (2), 133-141, (2005)

■健常男性におけるラクトスクロース配合顆粒の単回および2週間連日摂取の尿中カルシウム排泄に及ぼす影響
・日本食品新素材研究会誌 9(1), 46-56, (2005)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2004>

■難消化性デキストリン配合ブレンド茶摂取の食後血糖値への影響および長期連続摂取時の安全性
・日本食品新素材研究会誌 7 (1), 83-93, (2004)

■Effect of Fermented Milk Containing Lactobacillus johnsonii La1 (LC1®) on Defecation in Healthy Japanese Adults - A Double Blind Placebo Controlled Study -
・Bioscience Microflora 23 (4), 139-147, (2004)

■ゴマ蛋白質由来ペプチド添加茶飲料の正常高値血圧者および軽症高血圧者の血圧に対する影響と安全性
・健康・栄養食品研究 7 (1), 1-16, (2004)

■難消化性デキストリンを配合した清涼飲料水摂取による食後血糖上昇抑制効果
・日本食品新素材研究会誌 7 (1), 63-67, (2004)

■エゾウコギ (Acanthopanax senticosus. Harms)抽出物入りドリンク摂取によるヒト血液流動性に対する影響
・日本ヘモレオロジー学会誌 7 (1), 45-51, (2004)

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

<2003>

■オートミール含有クッキーの摂取が境界域および軽度高コレステロール血症の日本人男性の血清コレステロール値に及ぼす影響:有効性と安全性の検討
・日本食物繊維研究会誌 7 (1), 26-38, (2003)

■1-ケストースのラットによる安全性試験及びヒトボランティア摂取時の便性に及ぼす影響
・日本食品新素材研究会誌 6 (1), 15-21, (2003)

ページの先頭へ

医療機器・臨床

<2005>

■小児アトピー性皮膚炎に伴う痒み軽減繊維DH-001の有効性および安全性の検討
・T小児科臨床 58 (11),2289-2295,(2005)