研究発表・投稿論文

HOME > 事業内容 > 研究発表

研究発表

下記の年代をクリックすると、該当する年代に移動します。

2012年

1.第29回 日本微量栄養素学会
・演題1:マウスを用いた牡蠣抽出物の抗不安作用の検討
・演題2:カキ抽出エキス含有食品の12週間摂取による肝機能への影響

2.日本食品科学工学会 第59回大会
・演題:TMT誘発による学習・記憶障害に対するトコトリエノールの評価

ページの先頭へ

2011年

1.第28回 日本微量栄養素学会学術集会
・演題:き抽出エキスパウダーにおける安全性および機能性に関する報告

2.第38回 トキシコロジー学会
・演題:ラットにおける制癌剤毒性モデルの検討-造血臓器毒性及び消化管毒性評価モデル-

ページの先頭へ

2010年

1.第31回 日本肥満学会年会
・演題:オリーブ葉抽出物による高脂肪食負荷マウスを用いた肥満抑制効果の検討

2.第24回 北海道薬物作用談話会
・演題:アトピー性皮膚炎モデルマウスの新規皮膚炎症マーカーの探索

3.第83回 日本薬理学会年会
・演題1:KK-Ayマウスを用いた抗TNF-α抗体によるⅡ型糖尿病への作用検討
・演題2:老化促進モデルマウス(SAMP8)の検討:薬物性肝損傷における酸化ストレスの効果

ページの先頭へ

2009年

1.第36回 日本トキシコロジー学会学術年会
・演題:老化促進モデルマウスSAMP8を用いた高齢者薬物代謝能低下モデルの検討

2.第55回 研究発表会
・演題:眼科用光学器具の家兎眼装用試験の検討

3.第82回 日本薬理学会年会
・演題:トレッドミルによる強制運動を取り入れた抗肥満試験の開発
・演題:ピオグリダゾンを投与した自然発症糖尿病マウスの褐色脂肪組織におけるmiRNAの発現に関する研究

ページの先頭へ

2008年

1.第62回 日本栄養・食糧学会
・演題:動脈硬化性疾患モデル動物に対するクロレラの作用

2.日本食品免疫学会 第4回 学術大会
・演題:強制遊泳ストレスに対するクロレラの免疫機能調節作用

3.第81回 日本薬理学会年会
・演題:Effect of Chlorella on the metabolic syndrome in spontaneously obese mice.
・演題:ハマナス花弁抽出物を用いたメタボリックシンドロームに対する効果

ページの先頭へ

2007年

1.第80回 日本薬理学会年会
・演題:Change of blood pressure and obese factor on ovariectomy in rat.
・演題:ハマナス花弁抽出物のメタボリックシンドロームに対する有効性の検討

ページの先頭へ

2006年

1.第60回 日本栄養食糧学会
・演題:クロレラ飲用に伴う遺伝子発現解析:生活習慣病予備群と健常者群の比較解析
・演題:各種更年期症状に対する大豆発酵抽出物とエゾウコギ,ラフマの併用効果-ラットを用いた検討-

2.第127回 日本薬学会北海道支部会
・演題:非アルコール性肝障害に対する新規モデル動物の作成
・演題:ラットの卵巣摘出による脂質代謝及び骨代謝に与える影響
・演題:ハマナス花弁抽出物の生活習慣病に対する有効性の検討
・演題:自然発症高脂血症モデルマウスに対する高脂肪食負荷の影響

3.第57回 日本薬理学会北部会
・演題:ハマナス花弁抽出物の生活習慣病に対する作用
・演題:卵巣摘出ラットによる血圧及び肥満因子への影響

4.第20回 北海道薬物作用談話会
・演題:新規アトピー性皮膚炎モデルとしてのHR-1マウスの有用性

ページの先頭へ

2005年

1.第26回 日本肥満学会
・演題:ハマナス花弁抽出物およびタマネギ抽出物による抗肥満効果の検討

2.第125回 日本薬学会北海道支部会
・演題:ラットの卵巣摘出による影響と桂枝茯苓丸の作用

3.第19回 北海道薬物作用談話会
・演題:卵巣摘出後の高血圧モデルラットにおける降圧作用の検討